土鈴の買取・無料引取り

株式会社サンクルは埼玉県坂戸市にある古物商で、土鈴の買取・引取をおこなっております。

趣味で集められた土鈴を売りたい、亡くなられた方が集めていた土鈴を売りたいなど、土鈴の買取に関してはお気軽にご相談下さい。

もちろん埼玉県以外で購入された土鈴の査定も致しますので、お気軽にご相談下さい。

(当社の土鈴の買取事例は「土鈴買取」のページでもご紹介していますので、是非ご参照下さい)

買取ができる土鈴は、基本的には「戦前に作られたもの」又は「有名な作家の作品」で、かつ、「保存状態の良いもの」になります。

共箱(作者が署名捺印した箱で、箱の表側には作品名、裏側に作者の名前が書いてあるもの)や札などが付属している場合は、制作時期や作者を特定するものになりますので、一緒に保存しておいてください。

買取が出来ない場合は無料で引き取りをさせて頂くこともできます。

引取りさせて頂いた土鈴は、インターネットへの出品や海外への輸出などで、廃棄はせずにリユースするようにしております。

インターネットへの出品は障がい者福祉施設の方々に出品作業をお願いしているものもあります。

無料で引き取りさせて頂いた土鈴が、社会貢献につながるような形になればと考えております。

埼玉県の作家の土鈴

埼玉県在住の作家さんの土鈴には人気の土鈴がたくさんあります。

【川口市の作家】泉孝次さんの土鈴

泉孝次さんは郷土玩具愛好家であり、ご自身でもたくさんの土鈴を制作されています。

こけし、張り子、流し雛のような郷土玩具をもとに土鈴をつくられています。

【入間市の作家】関昴子さんの土鈴

関昴子さんの土鈴は、手まりのような美しい球体が特徴の土鈴です。

7センチ前後の大きさの鈴で、きれいな球体に、小さな鈴穴や幾何学模様の鈴穴、大きな三角形の鈴穴など、工夫を凝らした透し彫りが施されています。

埼玉県の授与土鈴

授与品とは、神社の境内の社務所で初穂料とお供え頂くのと引き換えにお渡しする参拝記念品です。

授与品は商品ではない為、「売る」「買う」という言葉は使わずに「受ける」という言葉を使います。

神社で受けられる「土鈴」も授与品の一つです。

【川越市】川崎大師 喜多院の授与鈴

川崎大師喜多院は、江戸時代初期に名僧天海大僧正が住職をつとめた寺として有名です。

また、豪華な壁画や墨絵で装飾された「客殿」と呼ばれる家光誕生の間や、3代将軍家光の乳母として知られる春日局が使用していた「書院」と呼ばれる春日局化粧の間などが江戸城から移築されたことでも有名です。

およそ540体が並ぶ石像群の日本三大羅漢の一つに数えられる「五百羅漢」をモチーフにした「五百羅漢土鈴」も有名です。

川崎大師喜多院 公式ホームページ

土鈴の無料引取り

土鈴・こけしの無料引取り

比較的新しい土鈴(戦後に制作された土鈴)や有名な作家の作品ではない土鈴は買取が出来ない場合が多くあります。

戦後に大量につくられた土鈴であっても、数十個まとめて数百円から数千円で再販売できる場合もあります。

そのように再販売できるものは多くあるのですが、再販売するために必要な保管費用、運搬費用、販売にかかる人件費などの経費を考えると、買取をするのが難しくなります。

「故人が楽しみで集めたものなので、処分はしたいけれど、捨てるのはちょっと・・・。」という場合は、無料で引き取りさせていただいております。

下のお写真の様にお送りいただき、無料で引き取りをさせて頂いたものは、下にご説明しますようにリユースします。

障害福祉施設との提携

福祉施設の出品作業
福祉施設の出品作業

先程ご説明しましたように、買取が難しい土鈴のほとんどは再販売できたとしても、1体数十円~数百円程度となるものがほとんどです。

ただ、趣味で集められている方の中には、一般的な市場ではほとんど価値がなくても、その方にとっては1,000円~数千円の価値を感じられる土鈴もあります。

そういった方へネット販売することでリユースします。

当社では、このネット販売をするための作業を、障がい者福祉施設様へ委託して、売上の一部を業務委託料としてお支払いしています。

土鈴と一緒に古本やアクセサリー、古着、レコード・CD、おもちゃ、楽器などもお送りいただけましたら、それらをフリーマーケットで販売して障害者福祉施設様の活動資金の一部にさせていただいております。

フリーマーケット

封筒や使いかけの切手なども土鈴などと一緒にお送りいただけましたら、障害者福祉施設様から出荷する際に使用させていただきます。

お送りいただいた切手や封筒で節約できた分も障がい者福祉施設様の工賃として貢献させていただきます。

このようにして、引取りさせていただいたこけしをリユースすることに加えて、障がい者施設様へお仕事を依頼することでの社会貢献にも活かせればと考えています。

海外へ輸出

買取が難しい土鈴の多くは、ネットで販売をしても売れ残ります。

ネット販売で買い手がつかないものは、海外へ輸出することでリユースします。

当社では、日本国内にある輸出業者様へお渡しするので、どの国に送られるのかは分かりません。

ただ、どの国に行くにしても、新しい持ち主の元で大事にされることで、収集されていた方も喜ばれるのではないかと思います。

お問い合わせ

「土鈴を売りたい」「土鈴を引き取って欲しい」という方はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

    お名前 必須項目

    住所

    電話番号

    メールアドレス 必須項目

    ご相談内容(複数選択可)

    当社へのご質問やご要望

    内容をご確認の上、送信ボタンをクリックしてください。